IVY - house

[ア] アイビー
アイビー ツルものは縁起が悪いという人がいて、驚きました。まあ壁にびっしりツタのからまった家を見ると強度が心配になるけど。それより虫がきそうでいやかな。空き地のフェンスなんかになんだか分からないツタが絡まっているのを見ると没落の象徴みたいにも見えますね、確かに。いやいや、そういう不景気な話じゃなくて、アイビーですよ。

本当の意味で我が家を森にするには、下がり性のツルものが最適だと思います。ベランダから下がるツル。壁のハンギングバスケットから下がるツルが、壁を動いていく。それはまるで、土を求める私たちの気持ちのように、壁を動いていきます。

そう思って去年の後半にアイビーを買ったのだけれど、寒い季節に突入したせいか、まだ思うほどのびてくれません。半日陰性で、うちみたいに路地に面した家でも育てやすいはずのアイビー。今の季節でもけっこうしっかりした緑色をキープしてくれているけれど、春になって、本格的に蠢いてくれるのが楽しみです。



INDEX of 50WAYS NEXTPAGE ▼
copyright (c) 1998-2004 ISHII Kenji & Hikaru, all right reserved. Please e-mail us.