WORK CLOTHES

[ノ] 野良着
普段からあまり服装を気にかけないので、いつでも野良着みたいなカッコしてるんですが、私は2着の野良着を持っています。

1つは作務衣。お坊さんの作業着ですね。安いものだけど、休日のごろ寝着として完璧です。ほんとうは何着も買って、仕事でも家でもこんなかっこうで暮らしたいぐらい。体を締め付けない、ゆったりした、それでいてじゃまにならない気心地。肌触りの良さ。体を動かしてやっとちょうど良くなるぐらいの暖かさ。作務衣の良さは、野良着の条件そのものだと思います。

近ごろは通販でもよく見かけます。3000円ぐらいので十分。私、お腹が出ているもので、ジーパンでは激しい動きができないという弱点があるのです。ジーンズは向こうの人にとっては作業着かもしれないけど、腰をかがめる作業には向いていないように思います。(だから太ってるだけだって)。特に多少はき慣れたものでも山上りにはジーパンは禁物。山歩きは足の上げ下げが非常に激しい運動ですから、摩れてエライ目に遭いますよ。

もう1着はアウトドアスモック。アウトドアショップで見かけて思わず買ってしまったものです。これは8000円ぐらいしたんじゃなかったっけ。いいものです。ポケットが巨大で、これとフィッシングベストでも組み合わせれば、小物収納はOK。

フライフィッシングの専門メーカー「ティムコ」の人に話を聞いたことがあります。アウトドアの衣服は「ウェア」ではなく、「clothing」クロージングと呼びたい、と。それは飾りじゃなく、目的にあった機能を提供する道具だという意味だそうです。

私のアウトドアの師匠がいつもおっしゃるのは、「遊びの靴をいくつ持ってますか?」という質問。目的に応じた靴を持っているということは、それだけ目的のほうをよく分かって深く楽しんでいる証拠なのです。



▲ PREVIOUS INDEX of 50WAYS NEXTPAGE ▼
copyright (c) 1998 ISHII Kenji & Hikaru, all right reserved. Please e-mail us.