[WANDO ; Basic information from us]
ワンド ; 基本的なご紹介


ワンドの水辺 北ワンドがあるのは大阪市都島区から旭区あたりの淀川畔。うちは淀川があふれたら流されるぐらい川の近くに住んでいるので、いつも河川敷などで遊んでいます。ワンドもその大きな河川敷の中にあって、釣り人や、近くにある大阪工業大学の学生たちに親しまれています。うちの家族も釣りに行ったり、バーベキューしたりして気に入ってるんですけどね。道歩いてると、両側の草がね、自分の背丈より高いんだな、ずっと歩いていく間中。「フィールドオブドリームス」みたいで、気持ちよくなれる草丈なんです。

少しだけ知っていることと言えば、ワンドは昔、治水や舟運のために人がつくったもので、そこに土砂がたまり草木が生えて、大自然になってしまったということ。今では天然記念物のイタセンパラやアユモドキなど、50種類もの淡水魚が棲みついているということ、ぐらいです。

阪ですよ、この風景。大阪だってゴチャゴチャしてるばかりじゃないんですから。

というわけで、もっとワンドのことを知りたい私たちです。どなたかご存じの方がおられたら、教えてやって下さい。hikaru@inaka.comです。

と言っていたら、源八橋に住むジャーナリストの方からメールをいただき、建設省の調査資料を送っていただきました。ありがとうございました! というわけで、ワンドとは何か、次のページで明らかになる!



WANDO TOPHOMEE-MAIL