SEWING

[ヌ] 縫い物
縫い物、編み物、ミシンがけ。98年、私こと石井研二の3大目標であります。と言ってる間にやればいいんですが。

子供のころ、そういえば家に編み機なんかあったし、ミシンは足踏み式。あのころの機械をおいてればなかなかいい雰囲気だろうに、と思いますが、それで母親がよく服を作ってくれたように思います。私はぜいたく世代の子供でしたが、靴下なんかはつぎがあたってるのが当り前でした。

タレントの山田邦子さんの服作りをテレビで見て、面白そうだったことも私が縫い物をやりたいと思うきっかけのひとつ。彼女は型紙なんて使わず、床に広げた布に寝転がって、チャコール持って採寸するのです! 紙工作大好きの私としては、「なんだ、それでいいのか!」と声が出るような瞬間でした。もちろんただズサンなだけでは仕上がりがよくないんでしょうが、ともかくやってみれば、自分流の完成度というのはありそうな気がするのです。

でも、私がイキナリ子供服なんぞ作っても、いじめられて泣いて帰ってくるのがおちなので、まずは得意のアウトドア小物から挑戦したいと思っています。では勉強して、最初に作りたいものをここに宣言しておきましょう。作ったら、完成品をここに写真掲載するつもりです。


なんでも運べるトートバッグの作り方
(1)そこそこ大きなキャンバス地に、輪にしたバイアステープを乗せ、布の両側に同じだけはみださせて、縫います。

(2)2つ折りにして、布の両端にファスナーをつけます。

完成。これだけです。素人考えですがどうでしょう? これなら自分に合わせて肩ひもの長さを決められるし、ファスナーを閉めれば小物が入れられ、開ければ長いものをまとめて運べると思うんだけど。薪ひろいにもピッタリ。


これができたらテント用小物整理ポケットとか、カトラリーケースだとか、いろんなものを作ってみたい!



▲ PREVIOUS INDEX of 50WAYS NEXTPAGE ▼
copyright (c) 1998 ISHII Kenji & Hikaru, all right reserved. Please e-mail us.